メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

頂点奪還

サッカー アジア・カップ/上 2011年 李の決勝ゴール 総力戦「控え」も発奮

 サッカーのアジア・カップで日本代表は2大会ぶり5回目の優勝を目指す。日本が初出場した1988年のカタール大会から参加した8大会では、さまざまなドラマが生まれた。日本の9日の初戦を前に、過去の名場面を振り返りながら、優勝へのヒントを探った。

 日本が最後に優勝した2011年のカタール大会のオーストラリアとの決勝。延長後半4分、延長戦に入ってからピッチに入ったFW李忠成(横浜マ)=いずれも現所属=がゴール前でDF長友佑都(ガラタサライ)からのクロスを、ダイレクトボレーで合わせた。ボールはきれいにゴールネットを揺らした。これが決勝点となり、2大会ぶりの優勝が決まった。

 「ヒーローになるんだ」。李は試合後、こんな言葉を残した。控え組だった李が試合に出場したのは途中出場…

この記事は有料記事です。

残り455文字(全文789文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS お年玉付年賀はがき 当せん番号が決定 特賞は東京五輪の開会&閉会式ペア券など

  2. 拝啓 ベルリンより ベビーカーでの外出ってこんなに気楽だったっけ?

  3. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  4. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  5. ツイッターに犬暴行映像 小型犬首つり、地面にたたきつけ 通報相次ぎ福岡県警捜査へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです