メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ホイッスル

全国高校ラグビー トップリーグの風

 今回は元トップリーガーの指導者に注目が集まった大会でもあった。元パナソニックで日本代表経験もある桐生第一の霜村誠一監督はチームを初出場に導き、1回戦を100点超えの大勝で周囲を驚かせた。流通経大柏の相亮太監督もリコー出身。伝統的に密集戦を得意とするチームに機動力を加えてレベルアップさせ、千葉県勢で初めて4強入りを果たした。

 相監督は「(トップリーグ後の)セカンドキャリアとして考えている選手がいたら、選手と指導者は全然違うと伝えたい」と話す。毎年選手が代わる上、トップリーグでの経験がうまく伝わらず、思い通りにいかないことも多いというが、過去最高だった花園8強の壁を突破した選手たちには「成長が感じられた」とやりがいの大きさを強調する。

この記事は有料記事です。

残り141文字(全文461文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「特別定額給付金」対象外の新生児に独自支援金10万円 札幌市

  2. こんな時どうするQ&A 次亜塩素酸水を噴霧すると除菌できるの? 効果は確認されていません

  3. 香川ゲーム条例 違憲訴訟を起こす高校生を突き動かした思いとは

  4. 市役所駅を「名古屋城」に? 名古屋市営地下鉄の新駅名を検討 有識者懇談会

  5. オンライン授業「復習しやすい」けど「集中続かない」 岡山大生が実態調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです