初競り

大間産マグロ、3億3360万円 東京・豊洲市場

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 昨年10月に東京都の築地市場(中央区)から移転した豊洲市場(江東区)で5日、開場後初となる新春恒例の「初競り」があり、青森県大間産のクロマグロ(278キロ)が3億3360万円で競り落とされた。記録が残る1999年以降で最高値。競り場ではどよめきと歓声が上がった。

 水産卸売場棟の競り場には冷凍1114本、生181本の計1295本(計80.8トン)のマグロが並んだ。最高値の「一番マグロ」は昨年の初競りで最高値を付けた水産仲卸との激しい一騎打…

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文553文字)

あわせて読みたい

注目の特集