メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外ソフトバンク日本シリーズ3連覇
アクセス

女性議員にセクハラの壁 政界進出阻害? SNSで「彼氏いるか」/街頭では抱きつかれ

女性の政治活動へのハラスメントが深刻化している(写真と本文は関係ありません)=川畑さおり撮影

 <access>

 女性議員に対する男性有権者のハラスメントが相次いでいる。日本の女性議員比率は先進国で最低レベルで、「ハラスメント被害がその一因」という指摘もある。女性地方議員が被害の一端を明かした。【中川聡子】

 東京都町田市の東友美市議(34)は昨年12月、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)上で有権者からのセクハラを明かした。母子家庭で育ったことや「アセクシュアル(他人に性的感情を抱かない無性愛者)」という性的マイノリティーであることを公にして2月の市議選で初当選したが、選挙活動中からセクハラ被害に悩まされてきた。

 街頭に立つと酔っ払いに突然抱きつかれたり、見知らぬ男性から自身の性体験を長時間聞かされたりした。選…

この記事は有料記事です。

残り850文字(全文1169文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  5. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです