メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

半年 災害関連死13人に 広島・岡山・愛媛

小田川の堤防が決壊し、街を濁流が覆い尽くした=岡山県倉敷市真備町地区で2018年7月8日、本社ヘリから加古信志撮影

 平成最悪の被害をもたらした西日本豪雨は、最初の大雨特別警報から6日で半年となった。被害の大きかった広島、岡山、愛媛3県では被災後のストレスなどで亡くなって災害関連死と認められるケースが13人に上った。5日現在の豪雨の死者は、関連死を含め15府県で236人となり、依然9人が3県で行方不明になっている。

 関連死の県別内訳は広島と愛媛が各4人、岡山5人。半年後に犠牲者110人の半数を関連死が占めた熊本地…

この記事は有料記事です。

残り220文字(全文421文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  2. 特集ワイド 「れいわ新選組」旗揚げ2カ月、寄付金2億円突破 「ポピュリストで結構」 消費税廃止、野党に亀裂も
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです