メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スポーツ界トラブル

公取委が情報提供呼びかけ ボクシング 元プロ選手の五輪出場制限/陸上 移籍時に問題、無期限登録できず

 チームの了承を得ずに移籍したスポーツ選手が試合に出られないといったトラブルについて、公正取引委員会が情報提供を呼びかけている。スポーツ界に特化した調査は初めてで、業界の自浄を求める狙いもある。

 公取委は昨年2月、個人事業主として企業などから仕事を請け負うフリーランスに対する不当な契約慣行は「独占禁止法が禁じる『優越的地位の乱用』に抵触する可能性がある」との報告書をまとめた。報告書は、就労形態の多様化を受けたもので、IT分野や著述分野などが対象だったが、「スポーツや芸能分野に関する問題とも重なる部分がある」と指摘する声もあった。

 そのため、公取委は報告書公表後、日本ボクシング連盟が元プロ選手の五輪出場を制限している▽日本実業団…

この記事は有料記事です。

残り538文字(全文855文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  2. 賞品の高級車渡さずMXテレビ謝罪 企画会社と「連絡取れない状況」

  3. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

  4. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  5. 「珍 女性のような男性」 テレビ山口が番組で性的少数者に差別表現

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです