メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

LookWESTけいざい

地域鉄道、廃線に危機感 住民熱意で利用増

運転見合わせが続くJR芸備線のそばを走る代行バス=広島県安芸高田市で2018年12月19日、釣田祐喜撮影

 里山の風景の中を延びる、さびの目立つ2本のレール。並走する道路を「鉄道代行」と表示した、客もまばらな1台のバスが通り過ぎた。

 広島市と内陸部の岡山県新見市を結ぶJR芸備線は、昨夏の西日本豪雨から半年たつ今も狩留家(かるが)(広島市)-三次(みよし)(広島県三次市)間で運転見合わせが続く。JR西日本は今秋の全線再開に向けて復旧作業を進め、運休区間には代行バスが走る。

 4000人が採算性の目安ともされる輸送密度(1キロ当たりの1日平均輸送人員)は、運休中の区間で14…

この記事は有料記事です。

残り2045文字(全文2279文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  4. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  5. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです