メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

交通事故死

愛知、歩行者対策に効果 前年比11人減 全国最多は脱せず

 愛知県の2018年の交通事故死者数は189人で16年連続で全国最多となった。前年から11人減り、68年ぶりに200人を割ったものの、全国ワーストは脱却できなかった。県警は事故死者の多くを占めてきた歩行者や65歳以上の高齢者の事故防止に力を入れており、さらに継続して取り組む方針。

 県警によると、愛知県の事故死者数は、(第1次)交通戦争と呼ばれた1969年に過去最悪の912人を記録した。09年以降は200人台で推移し、18年は1950年の169人以来、200人未満となった。

 全国ワーストは03年から続き、18年も、前年に比べて32人増えた千葉県を上回った。自動車保有台数が…

この記事は有料記事です。

残り608文字(全文896文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  3. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  4. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  5. 釜石で外国人観戦客が民泊 交流に笑顔

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです