メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地域を題材 大きなかるた大会 富士吉田

読み札でを聞いて、郷土を描いた絵札を拾う子どもたち=山梨県富士吉田市上吉田のふじさんミュージアムで2019年1月5日、小田切敏雄撮影

 山梨県富士吉田市の歴史や風俗、行事を題材にした「富士吉田ふるさとかるた」の大きなかるた大会が5日、同市上吉田のふじさんミュージアムで開かれた。

 かるたは1995年に富士吉田文化振興協会が制作。縦75センチ、横60センチの44枚の大きな絵札に金鳥居、鐘山の滝、富士登山競走など市の行事や小室浅間神社の…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  4. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです