メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

白イノシシ一家 亥年で人気 大分・松木の宝八幡宮

人なつこい白イノシシの「げん」。中央は育ての親の藤原さん=大分県九重町で、楢原義則撮影

 今年のえとは「亥(い)」――。初詣客でにぎわう大分県九重町松木の宝八幡宮(甲斐素純宮司)境内横の小屋で飼われている珍しい白イノシシ一家5匹が、「吉祥の証し」として改めて人気を集めている。

 初めてお目見えしたのは2006年11月。氏子で建築業の藤原三治さん(67)が、その3年前に八幡宮裏の宝山で白化現象とみられる白イノシシの雄を見つけ、奉納したのが始まり。すぐ、白い雌も見つかり、翌12月にめでたく結婚。「シロくん」「ユメちゃん」と名付けられた。

 ほぼ毎年生まれるウリ坊はすべて白毛。現在は2代目のシロ、ユメ夫婦と妹、子供の雄「げん」、雌「ゆい」…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  5. 直前「胸騒ぎ」で井戸 命つなぐ 神戸の92歳、二つの大地震の経験生かす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです