メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

白イノシシ一家 亥年で人気 大分・松木の宝八幡宮

人なつこい白イノシシの「げん」。中央は育ての親の藤原さん=大分県九重町で、楢原義則撮影

 今年のえとは「亥(い)」――。初詣客でにぎわう大分県九重町松木の宝八幡宮(甲斐素純宮司)境内横の小屋で飼われている珍しい白イノシシ一家5匹が、「吉祥の証し」として改めて人気を集めている。

 初めてお目見えしたのは2006年11月。氏子で建築業の藤原三治さん(67)が、その3年前に八幡宮裏の宝山で白化現象とみられる白イノシシの雄を見つけ、奉納したのが始まり。すぐ、白い雌も見つかり、翌12月にめでたく結婚。「シロくん」「ユメちゃん」と名付けられた。

 ほぼ毎年生まれるウリ坊はすべて白毛。現在は2代目のシロ、ユメ夫婦と妹、子供の雄「げん」、雌「ゆい」の5匹。東京から九重町に帰省し、見物に訪れた井上将司さん(38)は「本当にみんな白くてびっくり。体がでかい」。長男の竜之介さん(10)は藤原さんの手助けでげん(3歳、体重約80キロ)に餌をやり、「鼻が柔らかい」と驚きの表情。藤原さんは「げんは自分(藤原さん)を親と思っている」と笑う。

この記事は有料記事です。

残り188文字(全文604文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 見る探る 「これはいじめではないか…」アンジャッシュ・渡部建さんの謝罪会見に行ってみた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです