メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仲邑菫さんと井山本因坊が記念対局「成長スピード驚くばかり」

井山裕太5冠と対局する仲邑菫さん(左)=東大阪市で2019年1月6日、加古信志撮影

 今年4月に史上最年少で囲碁のプロ棋士になることが決まった大阪市の小学4年、仲邑菫(なかむら・すみれ)さん(9)と井山裕太5冠(29)=本因坊文裕(もんゆう)=の記念対局が6日午後、東大阪市役所で始まった。井山杯新春囲碁フェスティバルの一環で、仲邑さんが昨年、小学生の部で優勝したことから企画された。1階ロビーでの公開対局で、大勢の来場者が見守った。

 対局に先立ち井山5冠は「小さい頃から有望で成長スピードには驚くばかり」と話し、司会者から意気込みを聞かれた仲邑さんは「頑張りたいです」と答えた。

 手合はハンディの中では最小の「先(せん)」(コミなし)。仲邑さんが右上隅星に第1手を打ち、熱戦が始まった。

 仲邑さんは日本棋院が新設した「英才特別採用推薦棋士」の第1号として4月1日付でプロ棋士になる。【新土居仁昌】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村屋」が中華まんミュージアムを25日に開館 全国初
  2. ザギトワ選手 再び「まどマギ」魔法少女まどかに メドベージェワ選手がほむらに “金銀コンビ”が日本CM初共演
  3. ORICON NEWS クロちゃん、脳動脈瘤の手術成功「健康を維持しなきゃいけないと思いました!」
  4. 埼玉で電車に飛び込み、男性が死亡 2人がホーム上で巻き込まれたか
  5. ローソンが「悪魔のパン」発売 「悪魔のトースト」も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです