メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仲邑菫さんと井山本因坊が記念対局「成長スピード驚くばかり」

 今年4月に史上最年少で囲碁のプロ棋士になることが決まった大阪市の小学4年、仲邑菫(なかむら・すみれ)さん(9)と井山裕太5冠(29)=本因坊文裕(もんゆう)=の記念対局が6日午後、東大阪市役所で始まった。井山杯新春囲碁フェスティバルの一環で、仲邑さんが昨年、小学生の部で優勝したことから企画された。…

この記事は有料記事です。

残り207文字(全文357文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都 新たな感染者195人 2日連続で100人超える 新型コロナ

  2. GmailなどGoogle複数のサービスで一時障害か

  3. 近鉄南大阪線で電車の窓ガラス破損相次ぐ 原因不明

  4. かわいさにメロメロ スナネコの赤ちゃん公開 神戸どうぶつ王国

  5. 村上春樹をめぐるメモらんだむ 影響を感じさせる「愛読書」を翻訳 村上さんが「菅ちゃん」と呼んだわけ=完全版

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです