メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

少し緊張の小4菫さん 「強い」と舌を巻いた井山5冠 囲碁・記念対局は引き分け

 今年4月に史上最年少で囲碁のプロ棋士になることが決まった大阪市の小学4年、仲邑菫(なかむら・すみれ)さん(9)と井山裕太5冠(29)=本因坊文裕(もんゆう)=の記念対局が6日、井山5冠の出身地の東大阪市役所であった。井山杯新春囲碁フェスティバルの一環で、仲邑さんが昨年、小学生の部で優勝したことから企画された。1階ロビーで大勢の来場者が見守る中、大熱戦となり、勝敗を決しないまま170手で対局を終えた。

 手合はハンディ戦の中では最小の先番コミなし。仲邑さんが右上隅星に第1手を打ち、対局が始まった。中盤…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文549文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  2. 行政ファイル 金沢の飲食店で食中毒 /石川

  3. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. なるか埼玉の新名物 蕨市の「わらび餅」 完成まで2年、こだわりの新食感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです