メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見上げてごらん

「そのこ」のために=永山悦子

 何度も読み返した。世界の児童労働の廃絶を目指す非政府組織(NGO)「ACE」の代表、岩附由香さんに教えてもらった詩だ。

 「そのこはとおくにいる/そのこはぼくのともだちじゃない/でもぼくはしってる/ぼくがともだちとあそんでいるとき/そのこがひとりではたらいているのを」

 詩人の谷川俊太郎さんが、ACEのために作った「そのこ」の書き出し。「ぼく」はたぶん日本の子。ゲームをしたりお風呂に入ったり、幸せな日常を過ごす。「そのこ」は学校へ行くことも、将来の夢を持つこともできず働き続けている。全文ひらがなの詩に描かれた対比はあまりにも鮮烈だ。

 家族を養うために働く子どもは世界で1億5000万人もいる。「児童労働なんて遠い国の話」と思いがちだ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです