メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
見上げてごらん

「そのこ」のために=永山悦子

 何度も読み返した。世界の児童労働の廃絶を目指す非政府組織(NGO)「ACE」の代表、岩附由香さんに教えてもらった詩だ。

 「そのこはとおくにいる/そのこはぼくのともだちじゃない/でもぼくはしってる/ぼくがともだちとあそんでいるとき/そのこがひとりではたらいているのを」

 詩人の谷川俊太郎さんが、ACEのために作った「そのこ」の書き出し。「ぼく」はたぶん日本の子。ゲームをしたりお風呂に入ったり、幸せな日常を過ごす。「そのこ」は学校へ行くことも、将来の夢を持つこともできず働き続けている。全文ひらがなの詩に描かれた対比はあまりにも鮮烈だ。

 家族を養うために働く子どもは世界で1億5000万人もいる。「児童労働なんて遠い国の話」と思いがちだ…

この記事は有料記事です。

残り629文字(全文947文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 米政府、異例の「失望」声明 韓国GSOMIA破棄に改善促す

  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  5. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです