メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

音楽

ハーディング指揮パリ管弦楽団 客演ファウスト、絶好調=評・大木正純

=堀田力丸撮影

 音楽監督ダニエル・ハーディングとともに来日したパリ管弦楽団の東京公演初日。フランスのトップ・オーケストラを聴く楽しみもさることながら、プログラムの前半に置かれたベルクのヴァイオリン協奏曲に、今を時めくイザベル・ファウストが客演するところに注目が集まった。人気・実力ともに世界の頂点に登り詰めた彼女が、ベルクの白鳥の歌とも言うべき、十二音技法による歴史的傑作を弾く。しかもそれが亡き少女への追悼の思いを込めた絶美の音楽となれば、たしかにこれは聴き逃せない。

 実際ファウストは絶好調そのもの。ぎりぎりまで突き詰めた精妙さとまろやかな音の魅力とが、高い次元で両…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48も松本人志も救う? “地獄見た”指原莉乃の神がかった対応力
  2. 平成最後のお年玉 年賀はがき当選番号が決定
  3. ORICON NEWS 松本人志、HKT指原への「体を使って」発言を弁明 カットしなかったのは「鬼のようにスベったから」
  4. ORICON NEWS お年玉付年賀はがき 当せん番号が決定
  5. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです