メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

音楽

ハーディング指揮パリ管弦楽団 客演ファウスト、絶好調=評・大木正純

=堀田力丸撮影

 音楽監督ダニエル・ハーディングとともに来日したパリ管弦楽団の東京公演初日。フランスのトップ・オーケストラを聴く楽しみもさることながら、プログラムの前半に置かれたベルクのヴァイオリン協奏曲に、今を時めくイザベル・ファウストが客演するところに注目が集まった。人気・実力ともに世界の頂点に登り詰めた彼女が、ベルクの白鳥の歌とも言うべき、十二音技法による歴史的傑作を弾く。しかもそれが亡き少女への追悼の思いを込めた絶美の音楽となれば、たしかにこれは聴き逃せない。

 実際ファウストは絶好調そのもの。ぎりぎりまで突き詰めた精妙さとまろやかな音の魅力とが、高い次元で両…

この記事は有料記事です。

残り517文字(全文795文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  3. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  4. 日本が初優勝 プレミア12、前回覇者韓国に逆転勝利 山田哲3ラン

  5. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです