メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

音楽

ハーディング指揮パリ管弦楽団 客演ファウスト、絶好調=評・大木正純

=堀田力丸撮影

 音楽監督ダニエル・ハーディングとともに来日したパリ管弦楽団の東京公演初日。フランスのトップ・オーケストラを聴く楽しみもさることながら、プログラムの前半に置かれたベルクのヴァイオリン協奏曲に、今を時めくイザベル・ファウストが客演するところに注目が集まった。人気・実力ともに世界の頂点に登り詰めた彼女が、ベルクの白鳥の歌とも言うべき、十二音技法による歴史的傑作を弾く。しかもそれが亡き少女への追悼の思いを込めた絶美の音楽となれば、たしかにこれは聴き逃せない。

 実際ファウストは絶好調そのもの。ぎりぎりまで突き詰めた精妙さとまろやかな音の魅力とが、高い次元で両…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  2. 2億円超記載漏れ「常軌を逸している」 維新との対決を評価する声も 堺市民の声
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  5. 幼稚園バスなど5台絡む多重事故で2人死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです