メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画のミカタ

「カメ止め」一過で=勝田友巳

「カメラを止めるな!」の一場面=(C)ENBUゼミナール

 「カメラを止めるな!」=写真は一場面=の大暴れ、すさまじかった。300万円の製作費で興行収入31億円の大当たり。ここ10年ほど、ヒット作の加速の度合いが変わったと感じてはいたが、こんな大化けは記憶にない。映画界がにぎわったのは、とまれめでたい。

 しかしこの現象、喜んでばかりもいられない。まず製作費、安すぎないか。「カメ止め」の出演者、スタッフはチラシにあるだけで20人。撮影8日間といっても、準備も含めれば数カ月はかかったはず。撮影にもっと時間を使い、美術やメークも手間をかければ、作品の質はグッと上がったろう。素人臭さと安っぽさを逆手に取っているとはいえ、金と時間をかけた映像は厚みが違う。

 利益が作り手に還元されないのも不思議だ。監督には著作権がないから、書籍のような印税は入らない。上田…

この記事は有料記事です。

残り436文字(全文784文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  3. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです