メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自動運転

都心2周、山手線試験「おおむね順調」

制御用のレバー(左)から運転士の手が離れたまま、自動で走行する山手線の電車=JR目白駅付近で2019年1月7日午前3時14分、渡部直樹撮影

 JR東日本は7日未明、JR山手線の最新車両E235系を使った自動運転試験を報道関係者に公開した。開発を進める自動列車運転装置(ATO)を搭載した試験車両が1周34・5キロの山手線を2周した。国土交通省やJR東などは今後の人口減少社会で運転士確保が難しくなると見ており、実用化に向けた技術開発や安全ルールづくりを本格化させる考えだ。

 車両は7日午前1時50分すぎに大崎駅をスタート。運転士は出発時にボタンを押しただけで、その後は速度…

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文624文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岐阜・中3転落死「主因は前日のいじめ」 トイレで便器に頭入れる姿勢とらせる 第三者委が認定

  2. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  4. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです