メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

上方落語

林家染丸、古希祝う一門会 繁昌亭で20日、秘蔵映像や踊りも

古希を迎える林家染丸

 上方落語界の重鎮、林家染丸の古希を祝う一門会が20日、天満天神繁昌亭(大阪市北区)で開かれる。弟子による落語のほか、染丸自身が編集した秘蔵映像のコーナーや寄席の踊りなど盛りだくさんの内容だ。

 染丸は1949年、大阪市生まれ。66年、先代(三代目)染丸に入門した。現在は脳梗塞(こうそく)の療養中だが、一門会のトークなどで舞台に上がっている。今回は前半、弟子13人の中から染二、花丸、染左、染吉が落語を披露。筆頭弟子で一門会をプロデュースする染二は「染丸…

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文568文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球ドラフト指名漏れ 近江高・林投手、西濃へ 「3年後、必ずプロに」 /岐阜

  2. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  3. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  4. 津波来たらトラも逃げて 高知の動物園、高さ3メートル以上に避難棚設置

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです