メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

支局長だより

ある回顧録に思う=横浜支局長・山本明彦 /神奈川

 年末年始、前日銀総裁の白川方明さんが著した「中央銀行」(東洋経済新報社)をひもといた。2008年から5年間総裁を務め、リーマン・ショックや東日本大震災に見舞われる中、デフレ脱却に向けた難しい金融政策運営を担ったセントラルバンカーだ。

 在任中は「日銀がお金の量を大胆に増やせばデフレは解消する」といった議論が声高に唱えられ、それに懐疑的な白川さんは「デフレ脱却に消極的」とか「金融緩和が小出し」といった批判を浴びた。第2次安倍政権発足後に退任、現在の黒田東彦総裁に引き継いだ。

 著書は、総裁在任中を中心に、バブル崩壊後の後始末など、自身が関わった金融政策を回顧したもの。政治家…

この記事は有料記事です。

残り404文字(全文692文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  2. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠
  3. ORICON NEWS 堀ちえみ『金スマ』で涙の告白 当初は緩和ケア望むも、娘の一言でがん闘病決意
  4. 千葉女児虐待死 父「丁寧で実直」 暴力振るうとみられず 同僚ら衝撃
  5. 堀ちえみさん、11時間にわたるがんの手術終わる 夫がブログで報告

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです