メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

倉本聰さん作品展

森に生きる命、点描画に 富山・高志の国文学館 /富山

自身の作品を紹介する倉本聰さん=富山市舟橋南町の高志の国文学館で、森野俊撮影

 「北の国から」などのテレビドラマや舞台の脚本を手掛けてきた脚本家、倉本聰さん(84)の木を題材にした点描画100点をそろえた「北の命の物語展 倉本聰と点描画」が6日、富山市舟橋南町の高志の国文学館で始まった。3月4日まで。

 オープニングイベントで倉本さんは「落ち葉1枚1枚に木の遺言がある。自然に耳を傾けてほしいとの思いを込めて…

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文414文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  4. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

  5. 「手に負えなくなる。緊急事態宣言出すべきだ」 大阪・吉村知事がツイッターで発信

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです