メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

四国発・平成の挑戦者

/5 高知 ミロクテクノウッド(南国市) 片山弘紀社長 高級車搭載、竹製ハンドル

竹製ハンドルを持ち笑顔を見せるミロクテクノウッドの片山弘紀社長=高知県南国市篠原の同社で、郡悠介撮影

18年開発開始

 1999(平成11)年設立の自動車部品メーカー「ミロクテクノウッド」(南国市)。県と協力して世界初の竹製ハンドルを開発し、トヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」に全国で唯一納入する。技術を応用して他分野の商品開発にも幅を広げるなど、県を代表するものづくり企業の一つに成長した。

 同社は南国市の猟銃メーカー「ミロク」と愛知県のトヨタ系部品メーカーの出資で誕生し、木製ハンドルを中心に製造してきた。2006(平成18)年ごろ、県内で増えすぎた「孟宗竹(もうそうちく)」を工業製品に活用しようと、県工業技術センターなどと竹製ハンドルの共同開発を始めた。

 しかし課題は山積みだった。竹は水分を多く含んでカビや虫が付くおそれがあり、加工後も変形しやすいため工業製品に適さない。元々の需要の低さから竹材の安定した供給網も無かった。そこで竹に熱い蒸気を当てて含水率を調整する「湿熱処理技術」の最適な条件を見つけるなど製造技術を刷新した。竹を収集する竹材店や伐採する職人などのネットワークを作って量産体制を整えている。12(平成24)年のフルモデルチェンジに合わ…

この記事は有料記事です。

残り416文字(全文898文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  2. 痴漢 電車扉付近は注意 被害の9割集中 ポスター・女性専用車…警察・交通機関、対策に懸命

  3. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  4. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

  5. 相模原市の40代病院職員が感染 死亡した女性を看護 外来診療休診

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです