メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

四国発・平成の挑戦者

/5 高知 ミロクテクノウッド(南国市) 片山弘紀社長 高級車搭載、竹製ハンドル

竹製ハンドルを持ち笑顔を見せるミロクテクノウッドの片山弘紀社長=高知県南国市篠原の同社で、郡悠介撮影

18年開発開始

 1999(平成11)年設立の自動車部品メーカー「ミロクテクノウッド」(南国市)。県と協力して世界初の竹製ハンドルを開発し、トヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」に全国で唯一納入する。技術を応用して他分野の商品開発にも幅を広げるなど、県を代表するものづくり企業の一つに成長した。

 同社は南国市の猟銃メーカー「ミロク」と愛知県のトヨタ系部品メーカーの出資で誕生し、木製ハンドルを中心に製造してきた。2006(平成18)年ごろ、県内で増えすぎた「孟宗竹(もうそうちく)」を工業製品に活用しようと、県工業技術センターなどと竹製ハンドルの共同開発を始めた。

 しかし課題は山積みだった。竹は水分を多く含んでカビや虫が付くおそれがあり、加工後も変形しやすいため…

この記事は有料記事です。

残り566文字(全文898文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか

  4. 不良集団 「半グレ」4団体トップ逮捕 大阪で摘発強化

  5. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです