メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
走り続けて

ふくおか鉄道開通130年/5 昭和天皇ご乗車の列車運転 杉本幸廣さん(97)=北九州市小倉北区 /福岡

蒸気機関車に魅せられ

 「5両編成だったが、とても重たく感じた記憶がある」

 1949(昭和24)年5月18日、九州巡幸のため昭和天皇をお乗せして門司駅を発車した「お召し列車」は、小倉駅(現西小倉駅)の定位置に定刻通り止まった。冷たい雨が降っていたが、蒸気機関車C57の加減弁ハンドルを握る杉本さんの手のひらには汗がにじんでいた。沿線に途切れることがなかった日の丸の波は、今も眼底に焼き付いている。

 27歳という若さでの抜てきだった。日々の業務、競技会での技量が評価された。「停車位置、速度、石炭使…

この記事は有料記事です。

残り629文字(全文876文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「最古のポルシェ」売れず 18億円申し出あったが…米競売

  2. 青島氏僅差でリード 大野氏が激しく追う 与野党激戦 埼玉知事選情勢

  3. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  4. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  5. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです