メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成という時代

第3部 変化 「マスゴミ」批判に萎縮不要 ジャーナリスト・安田浩一さん

ジャーナリストの安田浩一さん

 1995年にウィンドウズ95が発売された当時、週刊誌記者として秋葉原を取材していた僕は、インターネットの大衆化にある種の高揚感を覚えた。これで日本が変わると思った。発信手段を持った一般の人たちが、権力が隠蔽(いんぺい)しているものを暴くことを期待した。だが現実は人々の醜悪な本音を引き出し、口にできなかったタブーを破る方向に向かった。

 沖縄をめぐるフェイクニュースのまん延には、日本あるいは「日本人である自分」を強く意識しなければ物を語れない人が増えてきていることが大きく影響している。個人がまるで国家のようにふるまい、沖縄を批判する。大手新聞社やテレビ局はこうしたネットの言説を嘲笑の対象にはしても明確に批判してこなかった。「何を言ってもいい」風潮が生まれたのはメディアの姿勢も影響している。

この記事は有料記事です。

残り1234文字(全文1582文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 営業時間命令違反で過料、入院拒否には刑事罰 自民が特措法改正案など了承

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  5. 「日本政府は中国と同じことを頼む」 ニューヨーク・タイムズ前支局長が内実を暴露

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです