メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成という時代

第3部 変化 「マスゴミ」批判に萎縮不要 ジャーナリスト・安田浩一さん

ジャーナリストの安田浩一さん

 1995年にウィンドウズ95が発売された当時、週刊誌記者として秋葉原を取材していた僕は、インターネットの大衆化にある種の高揚感を覚えた。これで日本が変わると思った。発信手段を持った一般の人たちが、権力が隠蔽(いんぺい)しているものを暴くことを期待した。だが現実は人々の醜悪な本音を引き出し、口にできなかったタブーを破る方向に向かった。

 沖縄をめぐるフェイクニュースのまん延には、日本あるいは「日本人である自分」を強く意識しなければ物を…

この記事は有料記事です。

残り1364文字(全文1582文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  2. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く
  3. 民放テレビ局幹部 ジャニーズ事務所から「圧力ないが過剰にそんたくはあったかも」
  4. 稲垣吾郎 SMAPの活動は「宝」、草なぎ&香取と元号またぎ生放送特番(スポニチ)
  5. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです