メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ともに・2020バリアーゼロ社会へ

参考書点訳、数カ月待ち 勉強、仕事に支障

パソコンの読み上げソフトを使って論文を読む竹保さん=京都市の京都外国語大で

 紙の出版物を利用できない障害者向けの本や雑誌は少なく、勉強、趣味、仕事とさまざまな面で社会参加の障壁になっている。出版物の電子データが提供されれば読書環境が大きく改善される可能性があるが、毎日新聞のアンケートからも、海賊版被害を懸念する出版業界の抵抗感が根強いことがうかがえる。【原田啓之】

 4年前の春、京都外国語大(京都市)に入学したばかりの全盲の竹保(たけやす)遥さん(22)に、女性職員が申し訳なさそうに切り出した。「(点字に翻訳した)英語の教科書が届いていないの」。講義は3日後に迫っていた。竹保さんは「分かりました」と肩を落とした。

 竹保さんのため、大学はボランティア団体に依頼して教科書を点字に翻訳したが、週20時間分におよび、3…

この記事は有料記事です。

残り1720文字(全文2042文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  3. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  4. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  5. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです