メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ともに・2020バリアーゼロ社会へ

参考書点訳、数カ月待ち 勉強、仕事に支障

パソコンの読み上げソフトを使って論文を読む竹保さん=京都市の京都外国語大で

 紙の出版物を利用できない障害者向けの本や雑誌は少なく、勉強、趣味、仕事とさまざまな面で社会参加の障壁になっている。出版物の電子データが提供されれば読書環境が大きく改善される可能性があるが、毎日新聞のアンケートからも、海賊版被害を懸念する出版業界の抵抗感が根強いことがうかがえる。【原田啓之】

 4年前の春、京都外国語大(京都市)に入学したばかりの全盲の竹保(たけやす)遥さん(22)に、女性職員が申し訳なさそうに切り出した。「(点字に翻訳した)英語の教科書が届いていないの」。講義は3日後に迫っていた。竹保さんは「分かりました」と肩を落とした。

 竹保さんのため、大学はボランティア団体に依頼して教科書を点字に翻訳したが、週20時間分におよび、3…

この記事は有料記事です。

残り1720文字(全文2042文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  2. 夫「大切な2人失ってつらい」 池袋暴走、母娘の告別式 
  3. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  4. マラソン・小出義雄氏が指導者勇退 高橋尚子さん、有森裕子さんら育てる
  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです