メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

出入国在留管理庁って? 4月に入管局を格上げ 外国人労働者の支援も=回答・和田武士

「出入国在留管理庁」関連の2019年度予算案

 なるほドリ 4月に外国人労働者の受け入れを拡大する新制度が始まるね。同時に新しい役所ができるとも聞いたけど。

 記者 法務省入国管理局を格上げする「出入国在留(しゅつにゅうこくざいりゅう)管理庁」のことですね。出入国をチェックする入国審査(しんさ)官や不法滞在(たいざい)者の摘発を担う入国警備(けいび)官を増やし、入管職員を今の4870人から5432人にする予定です。体制強化の背景には新制度の開始や、外国人観光客が増えている事情があります。

この記事は有料記事です。

残り591文字(全文813文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  2. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  3. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

  4. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  5. 自民岸田氏「更なる経済対策が必要」 3次補正審議中、異例の言及

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです