メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台湾

フェイクニュース対策 厳罰化へ法改正案 権力介入の懸念も

 台湾で昨年以降、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)などを通じて拡散するフェイク(偽)ニュースが社会問題化している。蔡英文政権は対策に本腰を入れており、最高で無期懲役を科す改正法案を近く立法院(国会)に提出する方針だ。一定の抑止効果が期待される一方で、言論・報道に対する権力の過度な介入を招き、自由を制約すると懸念する意見も出ている。【台北・福岡静哉】

 「台湾で偽ニュースが氾濫し、人心を動揺させている」。蔡氏は1日、新年の談話でこう強調した。蔡氏が率…

この記事は有料記事です。

残り2958文字(全文3191文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 国民民主党、自由党と合併で正式合意 自由は解散

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです