メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディアの戦後史

初のセクハラ訴訟取材 「女性記者がやらねば」

セクハラ訴訟の勝訴を報じる1992年4月16日の毎日新聞夕刊社会面(東京本社版)

 30年前、日本で初めてセクシュアルハラスメント(性的嫌がらせ)の違法性をめぐり、一人の女性が福岡地裁に提訴した。男女雇用機会均等法施行(1986年)から間もない時期。地元紙の女性記者たちは、共感する女性たちの投書をまとめ、支援者を取材して、性差別の実態を報じた。

 「女性記者と話したい」。89年3月、西日本新聞(福岡市中央区)に1本の電話が入った。文化部デスクの野口郁子さん(77)=後に旧福岡市女性センター館長=が電話を代わると「いろいろな所に相談したが、女性でないと分かってもらえない」と切り出された。相手は、後に裁判を起こす晴野まゆみさん(61)だった。

 勤めていた出版社の上司から「夜遊び女」「男出入りが激しい」と根拠のない中傷を繰り返し受け、別の男性…

この記事は有料記事です。

残り1072文字(全文1403文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言
  3. 東京・池袋の暴走 1カ月 「50年無事故だったのに」 7年前女性死なせた運転者 能力低下、自覚遅れ
  4. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  5. 丸山穂高議員、露に謝罪の維新を批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです