メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディアの戦後史

初のセクハラ訴訟取材 「女性記者がやらねば」

セクハラ訴訟の勝訴を報じる1992年4月16日の毎日新聞夕刊社会面(東京本社版)

 30年前、日本で初めてセクシュアルハラスメント(性的嫌がらせ)の違法性をめぐり、一人の女性が福岡地裁に提訴した。男女雇用機会均等法施行(1986年)から間もない時期。地元紙の女性記者たちは、共感する女性たちの投書をまとめ、支援者を取材して、性差別の実態を報じた。

 「女性記者と話したい」。89年3月、西日本新聞(福岡市中央区)に1本の電話が入った。文化部デスクの野口郁子さん(77)=後に旧福岡市女性センター館長=が電話を代わると「いろいろな所に相談したが、女性でないと分かってもらえない」と切り出された。相手は、後に裁判を起こす晴野まゆみさん(61)だった。

 勤めていた出版社の上司から「夜遊び女」「男出入りが激しい」と根拠のない中傷を繰り返し受け、別の男性…

この記事は有料記事です。

残り1072文字(全文1403文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界の雑記帳 直立したマウンテンゴリラが飼育員の自撮りに納まる、コンゴで
  2. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  3. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  4. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ
  5. 特集ワイド 衆参同日選、可能性探る 毎日新聞専門編集委員・与良正男×ジャーナリスト・鈴木哲夫氏

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです