メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フランス

旧植民地に美術品返還 アフリカ諸国に拡大も

フランスからベナンに返還される予定の木像。19世紀にダホメ王国(現ベナン)でつくられ、1882年に仏軍がフランスに持ち帰った=パリのケ・ブランリ美術館で2018年12月28日、賀有勇撮影

 【パリ賀有勇】フランスのマクロン大統領が、旧植民地の西アフリカ・ベナンからフランスに持ち出された美術品を返還する方針を決め、他の旧植民地でも返還を求める動きが広がっている。アフリカ各地の美術品の多くは旧宗主国などに持ち出された歴史がある。マクロン氏は返還問題を話し合う国際会議を今春にもパリで開催する方針で、議論が広がるか注目される。

 仏大統領府は昨年11月、パリのケ・ブランリ美術館が所蔵する美術品26点をベナンに返還する方針を発表…

この記事は有料記事です。

残り1046文字(全文1264文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佳子さまオーストリア訪問 大統領を表敬

  2. 「助けて…」用水路で流される80代女性救助 女子高生に感謝状 愛媛・新居浜

  3. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  4. 通電火災? 千葉で相次ぐ 停電中はブレーカーを落として

  5. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです