メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フランス

旧植民地に美術品返還 アフリカ諸国に拡大も

フランスからベナンに返還される予定の木像。19世紀にダホメ王国(現ベナン)でつくられ、1882年に仏軍がフランスに持ち帰った=パリのケ・ブランリ美術館で2018年12月28日、賀有勇撮影

 【パリ賀有勇】フランスのマクロン大統領が、旧植民地の西アフリカ・ベナンからフランスに持ち出された美術品を返還する方針を決め、他の旧植民地でも返還を求める動きが広がっている。アフリカ各地の美術品の多くは旧宗主国などに持ち出された歴史がある。マクロン氏は返還問題を話し合う国際会議を今春にもパリで開催する方針で、議論が広がるか注目される。

 仏大統領府は昨年11月、パリのケ・ブランリ美術館が所蔵する美術品26点をベナンに返還する方針を発表した。19世紀末にフランスがダホメ王国(現ベナン)を征服した際の「戦利品」として持ち帰ったものだ。

この記事は有料記事です。

残り997文字(全文1264文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京で372人の感染確認 7日連続で300人超 新型コロナ

  2. “炭治郎の師匠”が交通安全呼び掛け 岡山西署 鬼滅声優・大塚芳忠さんが協力

  3. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  4. 宝塚ならではのコーヒーいかが 自家焙煎の3店がネットで淹れ方指南 兵庫

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです