メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コンゴ民主共和国

大統領選混迷 暫定結果の発表延期

コンゴ民主共和国の位置

 【ナイロビ共同】アフリカ中部コンゴ民主共和国(旧ザイール)の選挙管理委員会は5日、昨年12月30日に実施した大統領選について、6日に予定していた暫定結果の発表を延期すると明らかにした。ロイター通信が報じた。劣勢の与党が票を不正操作する疑念が深まり、野党支持者が反発して治安が悪化する恐れがある。

 選管は集計作業が遅れており、いつ結果発表できるか分からないと説明している。

 コンゴで影響力があるカトリック教会の協議会は3日、全国で開票に立ち会った約4万人の教会関係者らの情報を基に「当選者が判明した」と声明を発表した。名前は明かさなかったが野党候補であることを示唆し、選管に対し「事実に基づく結果」を公表するよう要請した。

この記事は有料記事です。

残り168文字(全文479文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  2. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  3. 菅氏「マスクが出回っているか確認」 「週1億枚供給」も品薄続く

  4. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  5. 「どうなっているの」 衆院予算委の政府答弁、与党からも指摘相次ぐ 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです