メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

20年度大学共通テスト 英語民間試験、活用に暗雲

英語の民間資格の活用法を説明する福田裕穂副学長(左)=東京大本郷キャンパスで18年9月27日

 <kyoiku no mado>

 2020年度に始まる大学入学共通テストに導入される英語の民間資格・検定試験について、国立大学82校のうち36校が18年末時点で活用方法を決めていないことが、毎日新聞のアンケート調査で明らかになった。決定が遅れているのは、地域や経済的格差による受験機会の均衡や、評価方法の公平性など懸念される問題が数多く残されたままだからだ。高校関係者からは「全ての受験生が希望する民間試験を受けられるのか」と心配する声も上がっている。【金秀蓮、水戸健一】

この記事は有料記事です。

残り1290文字(全文1527文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 自民・岸田氏「補正予算案 1兆円超す規模」 台風19号

  4. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  5. 菅原経産相の金品配布疑惑 選挙区の有権者複数が「メロンもらった」と証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです