メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第77期名人戦A級順位戦 佐藤康光九段-羽生善治竜王 第28局の6

玉の進退

 真夜中の終盤戦。羽生は[後]8六とと引いて7六に数を足した。続く[後]5七歩が好手。(1)[先]同玉は[後]7六と、(2)[先]5七同金直は6八金が浮き、(3)[先]5七同金左は[後]7八竜[先]同銀[後]7六とまでの詰み。本譜は[先]8六桂と辛抱するが、金を一枚剥がされ、大きな痛手だ。

 羽生の指が震えている。残り1分まで考えて[後]8一桂と打ったが、ここでは[後]8六飛と取るのが明快だった。以下[先]6一馬に[後]6三桂と捨て、[先]同金[後]8五飛[先]5四銀に[後]4四金(参考図)がぴったり。本譜は[先]7四金と引かせ、さら…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  3. 乳がん さいたま出身の54歳北村さん、自らの体験出版 ありのままの大切さ思い 術前と術後の写真掲載 /埼玉
  4. 札幌で雪 冬に逆戻り 24日まで気温低く
  5. 女性用アダルトグッズ、百貨店で好評 展開仕掛ける女性広報の思い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです