メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第77期名人戦A級順位戦 佐藤康光九段-羽生善治竜王 第28局の6

玉の進退

 真夜中の終盤戦。羽生は[後]8六とと引いて7六に数を足した。続く[後]5七歩が好手。(1)[先]同玉は[後]7六と、(2)[先]5七同金直は6八金が浮き、(3)[先]5七同金左は[後]7八竜[先]同銀[後]7六とまでの詰み。本譜は[先]8六桂と辛抱するが、金を一枚剥がされ、大きな痛手だ。

 羽生の指が震えている。残り1分まで考えて[後]8一桂と打ったが、ここでは[後]8六飛と取るのが明快だった。以下[先]6一馬に[後]6三桂と捨て、[先]同金[後]8五飛[先]5四銀に[後]4四金(参考図)がぴったり。本譜は[先]7四金と引かせ、さら…

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文683文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号で浸水の北陸新幹線 120両が心臓部被害で廃車か 被害額は330億円

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです