メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊サラダぼうる・きらり

広がる難民支援に喜び UNHCR駐日事務所広報官・守屋由紀さん

職場で難民問題について語る守屋さん=東京都港区で

 <ki ra ri>

 昨年12月5日夜。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)親善大使でギタリストのMI(み)YA(や)VI(び)さんを、東京都渋谷区のスタジオに訪ねた。インターネットの動画配信番組に出演していたMIYAVIさんは、増え続ける難民の悲惨な現状を「血」にたとえ、「UNHCRの業務は、世界中のいろんなところの難民キャンプに血を止めに行くんだけど、血が出すぎちゃって止めきれていない」と熱っぽく語る。その様子を、時折うなずきながら近くで見守った。

 2007年から、UNHCR駐日事務所で広報官を務める。「日本で難民問題に関心を持つ人が増え、支援の…

この記事は有料記事です。

残り1545文字(全文1825文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  4. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  5. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです