メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

頂点奪還

サッカー アジア・カップ/中 2004年 川口の「神セーブ」 波乗った劇的PK戦

 トーナメント方式の大会で避けて通れないのがPK戦。GKのビッグプレーでチームに勢いを与えることもあれば、キッカーが外して試合が終わることもある。アジア・カップの決勝トーナメントでのPK戦で、語り継がれているのは日本が3回目の優勝を果たした2004年中国大会だ。

 準々決勝のヨルダン戦。延長戦でも1-1の同点でPK戦へと突入すると、MF中村俊輔(磐田)、MF三都主アレサンドロ(元清水など)と2人続けて失敗し、3人目を終えて1-3。相手に次を決められれば敗退が決まる状況から、GK川口能活(元磐田など)がスーパーセーブを連発した。

 相手の4人目で、川口は右へと飛んで左手で反応。ボールはバーに当たって枠から外れた。6人目は左へと飛…

この記事は有料記事です。

残り367文字(全文682文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 植松被告接見一問一答(18~26回目)「死刑になるつもりはないです」「価値のある人間になりたいと思っていた」

  2. 桜を見る会 内閣府「論理破綻」の内幕と説明 名簿廃棄後も復元試みず

  3. 小泉環境相、石炭火力の輸出制限表明を見送り COP演説 国際的反発必至

  4. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  5. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです