メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成という時代

第3部 変化/6(その2止) 選挙、氾濫する中傷 重要さ増すファクトチェック

「沖縄フェイク」の実態を調査する宮城久緒さん=那覇市泉崎の琉球新報社で、野田武撮影

 

 「玉城デニー(現知事)は中国のスパイ」「裏に中国共産党がいる」--。昨年9月の沖縄県知事選を前に、会員制交流サイト(SNS)を夜通し分析していた琉球新報編集局デジタル編集担当部長の宮城久緒さん(46)は、パソコン画面を思わず凝視した。「眠気が一気に吹き飛んだ」

 SNS情報を集約・発信する「スペクティ」(東京)と協力し、知事選に関するツイッターの投稿を集めた。初回(9月9~13日)分はリツイートを含め約20万件に上った。

 宮城さんが一つ一つ目を通すと「政策や課題を議論する内容は少なく候補者への誹謗(ひぼう)中傷が多かった」。さらに分析すると「約9割が玉城氏に否定的な内容」だった。「政策より中傷拡散」(9月20日朝刊1面トップ)。インターネット上にも無料掲載し、スマートフォンの無料通信アプリ「LINE(ライン)」にも配信した。

この記事は有料記事です。

残り1453文字(全文1822文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 温泉旅館無断キャンセルに賠償命令、請求通り男性2人に280万円 地裁大田原支部

  2. JR九州社長、肥薩線の自力復旧「非常に厳しい」 関係機関との協力模索も

  3. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  4. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  5. 世界遺産の高野山参詣道に溝を掘った疑い 80代を書類送検 「1人で掘った」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです