メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

にほんでいきる

外国からきた子どもたち 四日市・虐待死の女児 「学校行くの」かなわず 就学不明、追跡に限界

アユミさんが暮らしていたアパート(左)。遺体は右側の駐車場の車に隠されたクーラーボックスから見つかった=三重県四日市市で2018年11月6日、大西岳彦撮影

 伊勢湾岸に広がる中京工業地帯の要、三重県四日市市。空高く伸びる煙突が見える小さなアパートで2017年8月、「就学不明」のブラジル国籍の少女、ナガトシ・ビアンカ・アユミさん(当時6歳)の遺体が見つかった。駐車場の車に隠されたクーラーボックスに押し込まれ、顔や腰に複数の打撲痕があった。ブラジル人の母親(27)が「ブラジル人学校に転校する」と小学校に「除籍」を願い出てから、1カ月後の悲劇だった。【奥山はるな】

 アユミさんに対する傷害致死罪などで起訴されたのは、母親の内縁の夫でペルー国籍のトクダ・バレロ・フェルナンド・ホセ被告(37)=1審で懲役9年6月の判決を受け控訴。隣接する鈴鹿市のアパートで、事件10カ月前から母子と同居するようになった。

この記事は有料記事です。

残り2134文字(全文2457文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 日産、全契約社員を正社員に 国内拠点の事務職800人弱 4月から

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 変異株の感染確認、なぜ静岡で 英国滞在歴なし 厚労省クラスター班調査へ

  5. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです