メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「仕事始め間に合わぬ」 新千歳空港で2000人が一夜

 雪の影響で5日に東京や関西方面へ向かう105便が欠航した北海道・新千歳空港では6日、ロビーなどで一夜を明かした約2000人が航空各社のカウンター前に並び、帰りの便を求めた。しかし、7日までは満席が多く、少なくとも8日までの3日間足止めされる見込み。「平成最後の正月なのに」「仕事始めに間に合わない」など、Uターンラッシュのピークを迎えた空港にはため息と悲鳴が交錯した。

 「5日夜の便を8日夕に振り替えたが、それまで仕事にも行けないし、どう時間をつぶせばいいのか」。家族3人で旅行に来た相模原市の男性会社員(39)は途方に暮れた。

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文517文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  3. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  4. 阪急宝塚線 急行にひかれ男性死亡 9万4000人影響 大阪・豊中

  5. 「桜」前夜祭でANAホテルは明細書を発行したのか 首相答弁の「矛盾点」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです