メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

半年 鎮魂の灯籠 広島・坂町

川沿いに並べられた紙灯籠を見る人たち=広島県坂町で2019年1月6日午後5時26分、小出洋平撮影

 平成最悪の被害をもたらした西日本豪雨は6日、最初の大雨特別警報から半年となり、被害の大きかった広島、岡山、愛媛3県で慰霊行事などが行われた。死者・行方不明者が16人に上った広島県坂町小屋浦の天地川沿いでは、紙灯籠(とうろう)約300個を並べて犠牲者を追悼した。

 灯籠は広島市の平和記念公園にささげられた千羽鶴からつくった再生紙を利用し「天国から見守ってください」…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文455文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 河北麻友子、一般男性との結婚を発表 「本当に幸せー!」

  2. 実の娘に性的暴行 差し戻し審も父に実刑判決 福島地裁

  3. 東京で新たに1809人の感染確認 新型コロナ

  4. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  5. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです