メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

影山貴彦のテレビ燦々

視聴者を笑顔に!それがテレビだ 必要なのは、横のつながり

 新しい年が明けた。今年も愛すべきテレビを熱くつづってゆきたい。変わらずよろしくお願い申し上げます。年末年始の特別編成は終わり、通常の番組が戻ってきた。それに合わせるように、日常の毎日がスタートした方が多いはずだ。テレビは私たちの生活と密接につながっている。

 それにしても、昨年大みそかの第69回NHK紅白歌合戦は素晴らしかった。殊勲となる出演者は数々いるが、何といっても、サザンオールスターズの桑田佳祐とユーミンこと松任谷由実の「競演」だろう。ユーミンが桑田の頬にキスをし、互いの名を呼び合い踊り、心から楽し気にサザンのデビュー曲「勝手にシンドバッド」を盛り上げた。あれはNHK…

この記事は有料記事です。

残り437文字(全文727文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSOMIA決裂をギリギリ回避 防衛省幹部も驚いた急転直下の裏側

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  4. GSOMIA継続 方針転換に輸出管理巡る日韓対話合意

  5. 羽生一問一答(2) 「曲に感情を入れると、ジャンプを跳ぶのが難しい」フィギュアNHK杯

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです