メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁

天才舌巻く才 9歳仲邑さん、井山5冠と引き分け

井山裕太5冠と対局する仲邑菫さん(左)=東大阪市で2019年1月6日、加古信志撮影

 今年4月に史上最年少で囲碁のプロ棋士になることが決まった大阪市の小学4年、仲邑(なかむら)菫(すみれ)さん(9)と井山裕太5冠(29)=本因坊文裕(もんゆう)=の記念対局が6日、井山5冠の出身地の東大阪市役所であった。井山杯新春囲碁フェスティバルの一環で、仲邑さんが昨年、小学生の部で優勝したことから企画された。1階ロビーで大勢の来場者が見守る中、大熱戦となり、勝敗を決しないまま170手…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文489文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  5. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです