メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豪雨被災地は今

/上 復興担う、大人へ一歩 愛媛・宇和島

式の冒頭で黙とうする新成人たち=愛媛県宇和島市中央町2の南予文化会館で2019年1月2日、遠藤龍撮影

 「元気だった?」「久しぶり」。今月2日午前、豪雨で土砂崩れの被害が集中した愛媛県宇和島市吉田町地区の吉田公民館に、新成人約30人が集まった。進学や就職で地元を離れた若者が参加しやすいよう、「成人の日」より一足早い年の初めに成人式が開かれていた。

 豪雨被害で沈みがちのこの地域で、会場は晴れ着やスーツで華やかな雰囲気に包まれたが、参加者の胸の内は複雑だ。友人と写真撮影し旧交を温めていた愛媛大2年の清家(せいけ)結菜(ゆな)さん(20)はあの日、母からスマートフォンに送られた写真で実家の被災を知った。「はじめは何の実感も湧かなかった」

 大学のある松山市から駆け付けようとしたが交通機関は使えず、戻れたのは約1週間後。慣れ親しんだ家具が泥だらけで並び、空っぽの実家を目の当たりにして衝撃を受けた。

この記事は有料記事です。

残り648文字(全文996文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民・石原伸晃元幹事長が新型コロナ感染 派閥領袖で初めて

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです