メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ふるさと納税「返礼品規制」、自治体歳入大幅減に懸念も

ふるさと納税額の推移

 ふるさと納税をめぐり、総務省が6月から返礼品を寄付額の3割以下の地場産品に限る方針を決めたことで、総額3653億円(2017年度)に達した納税額の動向が注目されている。15年度以降、毎年1000億円規模で増えており、「一度寄付した人は、返礼割合が下がってもやめない。このまま伸びる」(総務省幹部)との見方がある一方、目立った地場産品がない自治体からは歳入の大幅減を懸念する声が漏れる。

 「赤村(あかむら)という名前だけが切り札だ。これからどうすればいいのか」

この記事は有料記事です。

残り591文字(全文821文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  4. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  5. 東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです