メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北京で米中次官級貿易協議 摩擦緩和に向け打開策を模索

 北京のホテルを出る米通商代表部のゲリッシュ次席代表(手前右)=7日(共同)
 北京の中国商務省で見送りに手を振る劉鶴副首相(右)=7日(共同)

 米中両政府は7日、次官級による貿易協議を北京で始めた。中国による知的財産権保護の強化や、貿易不均衡是正に向けた輸入拡大策などを議論する。8日まで2日間の日程。両国とも国内経済の先行き不透明感が強まる中、摩擦緩和に向けた打開策を模索する。

     両国が貿易問題で直接協議するのは昨年12月1日の首脳会談以来。

     米通商代表部のゲリッシュ次席代表ら米交渉団は7日朝、中国商務省に入った。商務省では、中国の劉鶴副首相や王受文商務次官が出入りする姿が確認された。中国の外国企業に対する技術移転の強制や、市場参入を阻む非関税障壁などの改善策を協議する。(共同)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 質問なるほドリ 「カサンドラ症候群」って? 意図伝わらぬ障害の相手に苦悩 心身に不調=回答・野村房代
    2. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か
    3. 世界の雑記帳 米ユナイテッド航空機内で子犬死ぬ、座席上の棚に収納指示され
    4. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
    5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです