メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界崩壊に「悪い種子」拡散 ユーラシア・グループが19年10大リスク発表

インタビューに答えるイアン・ブレマー氏=米ニューヨーク市内のホテルで2018年11月30日、國枝すみれ撮影

 ユーラシア・グループが7日に発表した「2019年の10大リスク」は、近い将来に世界を崩壊に導きかねない危機の「悪い種子」が各国・地域に植え付けられていることを第1位に挙げた。地政学的環境は「ここ数十年間で最も危険」だと指摘している。

 発表では、「Gゼロ時代」の各国指導者たちが中長期的な問題に対処できておらず、地政学上の「悪い種子」が「何年か先に実を結ぶ」と予測。「悪い種子」の具体例として▽トランプ大統領の就任以降、民主主義の機能が弱体化しつつある米国の政治制度…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文583文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ドナルド・キーンさん死去 96歳 日本文学研究者、翻訳で国際化に貢献
  2. 戦後70年 今も続いている国民への忍耐押しつけ
  3. 「おまえのせいでとれなかった。殺すぞ」 ポケGO中か 警察官殴った疑い、男逮捕
  4. 器物損壊 車内で体液かける 府教委指導主事に有罪判決 地裁 /京都
  5. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです