メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

世界崩壊に「悪い種子」拡散 ユーラシア・グループが19年10大リスク発表

インタビューに答えるイアン・ブレマー氏=米ニューヨーク市内のホテルで2018年11月30日、國枝すみれ撮影

 ユーラシア・グループが7日に発表した「2019年の10大リスク」は、近い将来に世界を崩壊に導きかねない危機の「悪い種子」が各国・地域に植え付けられていることを第1位に挙げた。地政学的環境は「ここ数十年間で最も危険」だと指摘している。

 発表では、「Gゼロ時代」の各国指導者たちが中長期的な問題に対処できておらず、地政学上の「悪い種子」が「何年か先に実を結ぶ」と予測。「悪い種子」の具体例として▽トランプ大統領の就任以降、民主主義の機能が弱体化しつつある米国の政治制度…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文583文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訪日客人気スポット「チームラボ」菅長官が視察「来年は4000万人に」

  2. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

  3. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  4. 社会 甲子園のツタ、復活せず 全体覆うのにあと10年 耐震工事で一時撤去

  5. 移転する「おふくろの味」警察署長が感謝状 滋賀・高島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです