メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界崩壊に「悪い種子」拡散 ユーラシア・グループが19年10大リスク発表

インタビューに答えるイアン・ブレマー氏=米ニューヨーク市内のホテルで2018年11月30日、國枝すみれ撮影

 ユーラシア・グループが7日に発表した「2019年の10大リスク」は、近い将来に世界を崩壊に導きかねない危機の「悪い種子」が各国・地域に植え付けられていることを第1位に挙げた。地政学的環境は「ここ数十年間で最も危険」だと指摘している。

 発表では、「Gゼロ時代」の各国指導者たちが中長期的な問題に対処できておらず、地政学上の「悪い種子」が「何年か先に実を結ぶ」と予測。「悪い種子」の具体例として▽トランプ大統領の就任以降、民主主義の機能が弱体化しつつある米国の政治制度…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  2. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  3. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  5. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです