米中通商協議始まる トランプ氏協議の進展に自信

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【北京・赤間清広】米中両政府は7日、次官級による通商協議を北京で始めた。昨年12月に貿易戦争の「一時休戦」で合意して以降、貿易問題を巡る初の直接交渉の場となる。3月1日の交渉期限をにらみ、米中の対立回避に向けた落としどころを探る。

 米国側はゲリッシュ通商代表部(USTR)次席代表が交渉団を率い、関係省庁の高官も参加した。中国側は王受文商務次官が出席。香港紙によると、劉鶴副首相は協議に参加しなかったものの、米交渉団を出迎えたという。8日も協議を継続する。

 今回の協議で前進があれば、米中は今月中旬にもライトハイザーUSTR代表と劉副首相による閣僚級協議を開催する。トランプ米大統領は6日、記者団に「中国はディール(取引)を望んでいる」と述べ、協議の進展に自信を示した。

この記事は有料記事です。

残り525文字(全文861文字)

あわせて読みたい

注目の特集