メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米中通商協議始まる トランプ氏協議の進展に自信

 【北京・赤間清広】米中両政府は7日、次官級による通商協議を北京で始めた。昨年12月に貿易戦争の「一時休戦」で合意して以降、貿易問題を巡る初の直接交渉の場となる。3月1日の交渉期限をにらみ、米中の対立回避に向けた落としどころを探る。

 米国側はゲリッシュ通商代表部(USTR)次席代表が交渉団を率い、関係省庁の高官も参加した。中国側は王受文商務次官が出席。香港紙によると、劉鶴副首相は協議に参加しなかったものの、米交渉団を出迎えたという。8日も協議を継続する。

 今回の協議で前進があれば、米中は今月中旬にもライトハイザーUSTR代表と劉副首相による閣僚級協議を開催する。トランプ米大統領は6日、記者団に「中国はディール(取引)を望んでいる」と述べ、協議の進展に自信を示した。

この記事は有料記事です。

残り525文字(全文861文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  2. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

  3. シリーズ・疫病と人間 あまりに悠長だ。政権も野党も国民も ファーストリテイリング会長兼社長・柳井正氏

  4. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

  5. 「Hey!Say!JUMP」伊野尾さんがコロナ感染 他メンバーは陰性

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです