メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

にほんでいきる

甘えん坊アユミさん「学校に行くの」かなわず 四日市・虐待死の女児

女児が暮らしていたアパート(左)。遺体は右側の駐車場の車に隠されたクーラーボックスから見つかった=三重県四日市市で、大西岳彦撮影

 伊勢湾岸に広がる中京工業地帯の要、三重県四日市市。空高くそびえる煙突の下に、2階建ての小さなアパートはある。2017年夏、このアパートの一室に、外出を禁じられたブラジル国籍の女児が閉じ込められていた。女児は就学義務のない外国籍であることを理由に小学校から「除籍」が認められ、その後の通学先が確認できない「就学不明」の状態だった。社会とのつながりを断たれ、次第に居場所をなくしていった女児の足跡をたどった。

この記事は有料記事です。

残り3628文字(全文3831文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 次期堺市長選に維新が候補擁立の意向 松井代表、竹山氏を批判「潔くなかった」
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. 維新が兵庫で勢力拡大 大阪の勢い取り込み 県内市議選、18人中17人当選
  5. 低速で横断歩道に進入 ドライブレコーダーに運転手の叫び声も 神戸・バス事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです