メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

にほんでいきる

甘えん坊アユミさん「学校に行くの」かなわず 四日市・虐待死の女児

女児が暮らしていたアパート(左)。遺体は右側の駐車場の車に隠されたクーラーボックスから見つかった=三重県四日市市で、大西岳彦撮影

 伊勢湾岸に広がる中京工業地帯の要、三重県四日市市。空高くそびえる煙突の下に、2階建ての小さなアパートはある。2017年夏、このアパートの一室に、外出を禁じられたブラジル国籍の女児が閉じ込められていた。女児は就学義務のない外国籍であることを理由に小学校から「除籍」が認められ、その後の通学先が確認できない「就学不明」の状態だった。社会とのつながりを断たれ、次第に居場所をなくしていった女児の足跡をたどった。

この記事は有料記事です。

残り3628文字(全文3831文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  2. GDP年6.3%減 19年10~12月速報値、5四半期ぶりマイナス 消費増税響く

  3. 公文書クライシス 「解釈、どうとでも」 "保存1年未満"文書破棄記録ゼロ 情報公開、ルール骨抜き

  4. 雪不足で営業できず 福井の老舗スキー場が破産

  5. 新型肺炎 「感染拡大」前提に対策 政府、専門家会議受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです