平成という時代

専門家が分析 「ファクトチェック」における新聞の役割とは

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
瀬川至朗・早稲田大教授
瀬川至朗・早稲田大教授

 新聞メディアでも本格的に始まった「ファクトチェック」(真偽検証)の取り組み。ジャーナリズムやメディア論の専門家たちはどう見たのだろうか。さらに「平成のその先」に新聞はどのような役割を担うべきなのか。NPO法人「ファクトチェック・イニシアティブ(FIJ)」理事長で早稲田大教授の瀬川至朗さんと法政大准教授の藤代裕之さんに聞いた。【聞き手・鈴木美穂】

この記事は有料記事です。

残り2263文字(全文2437文字)

あわせて読みたい

注目の特集