メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成という時代

専門家が分析 「ファクトチェック」における新聞の役割とは

瀬川至朗・早稲田大教授

 新聞メディアでも本格的に始まった「ファクトチェック」(真偽検証)の取り組み。ジャーナリズムやメディア論の専門家たちはどう見たのだろうか。さらに「平成のその先」に新聞はどのような役割を担うべきなのか。NPO法人「ファクトチェック・イニシアティブ(FIJ)」理事長で早稲田大教授の瀬川至朗さんと法政大准教授の藤代裕之さんに聞いた。【聞き手・鈴木美穂】

この記事は有料記事です。

残り2263文字(全文2437文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  3. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  4. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  5. 交通安全教室でスタントマンの男性死亡 事故再現で 京都

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです