メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成という時代

事実と根拠がカギ 専門家が説く“偽物”と闘う報道のこれから

前泊博盛・沖縄国際大教授=佐藤敬一撮影

 新聞メディアでも本格的に始まった「ファクトチェック」(真偽検証)の取り組み。ジャーナリズムやメディア論の専門家たちはどう見たのだろうか。さらに「平成のその先」に新聞はどのような役割を担うべきなのか。沖縄国際大教授の前泊博盛さんと東京都市大教授の高田昌幸さんに聞いた。【聞き手・鈴木美穂】

前泊氏「“問題解決型”報道へのシフトを」

 結論から言えば「事実確認」が既存メディアの最も大きな役割になる。米国のトランプ大統領は事実を「フェイク」と一蹴するが、既存メディアがこうしたプロパガンダに対抗するにはファクトチェックを行うことだ。

この記事は有料記事です。

残り2068文字(全文2331文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 営業時間命令違反で過料、入院拒否には刑事罰 自民が特措法改正案など了承

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  5. 「日本政府は中国と同じことを頼む」 ニューヨーク・タイムズ前支局長が内実を暴露

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです