メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

池袋・中華街構想10年 反発超え草の根交流

東京中華街促進会の胡逸飛理事長(左)と、友人の小林俊史さん=東京都豊島区で、奥山はるな撮影

来月、イベントでさらに進展を

 中国系の商店が集まるJR池袋駅(東京都豊島区)の北口周辺を「東京中華街」としてPRする構想が打ち出されてから10年あまり。当初は地元の反発もあったが、中国人が駅前のごみ拾いをしたり、災害支援の募金活動をしたりと、少しずつ交流を進めてきた。豊島区は2月に始まる日中韓3都市のイベント「東アジア文化都市」の舞台に選ばれ、交流の進展に期待がかかる。【奥山はるな】

 池袋は1980年代以降に来日した「新華僑」が多く住み、中国系の食料品店や携帯電話ショップが建ち並ぶ…

この記事は有料記事です。

残り576文字(全文819文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  2. 山本冷遇の記憶 極楽・加藤 吉本トップを痛烈批判 松ちゃんにも「大先輩におこがましいが…」(スポニチ)
  3. ORICON NEWS 松本人志“芸人仲間”に呼びかけ「プロ根性で乗り越えましょう」
  4. 加藤浩次さん「気持ちは決まっている」「まだごまかそうと」吉本社長会見を批判
  5. 岡本社長、ギャラ配分「5対5から6対4」発言に芸人「ウソだろ…」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです