夏目漱石の成績表を発見 旧制一高時代、哲学クラストップ 

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
夏目漱石を含むクラスの成績が付けられた手帳。中央部に「夏目金之助」とある=福井県庁で2019年1月、大森治幸撮影
夏目漱石を含むクラスの成績が付けられた手帳。中央部に「夏目金之助」とある=福井県庁で2019年1月、大森治幸撮影

 福井県は7日、夏目漱石(1867~1916年)が旧制第一高等中学(現東京大教養学部)に在籍した時の成績資料が見つかったと発表した。現在の福井県越前市出身の哲学者で一高教諭の松本源太郎(1859~1925年)が、論理学(哲学)の成績を付けた備忘録的な手帳で、漱石の大学入学前の学業状況を示す記録は珍しく、県は「文豪の若き日がうかがえる貴重な資料」としている。

 夏目金之助(漱石の本名)を含むクラス約30人の成績が、松本の手帳(縦20センチ、横10センチ)に2学期分記されていた。漱石が1年生だった1888~89年に100点満点で実施された試験の点数とみられ、漱石は1学期の80点、2学期の90点を合計するとクラストップ。別のクラスのページには、後に親交を深める俳人の正岡子規(1867~1902年)の名もあり、子規は1学期は74点、2学期は82点だった。

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文646文字)

あわせて読みたい

注目の特集