メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゴールデン・グローブ賞 細田守監督受賞逃すも「価値観に触れられた」

ゴールデン・グローブ賞の授賞式に臨む是枝監督=米ビバリーヒルズで2019年1月6日、長野宏美撮影

 【ビバリーヒルズ(米カリフォルニア州)長野宏美】米アカデミー賞の前哨戦となる第76回ゴールデン・グローブ賞(ハリウッド外国人記者協会主催)の授賞式が6日、ビバリーヒルズであった。最高峰の作品賞は、英ロックバンド「クイーン」の軌跡を描き、日本でもヒットした「ボヘミアン・ラプソディ」がドラマ部門で受賞。主演のラミ・マレックさんが同部門の主演男優賞に選ばれた。

 また、黒人ピアニストと白人運転手の旅を描いた「グリーンブック」は作品賞のミュージカル・コメディー部門などで最多の3冠に輝いた。

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文510文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岐阜市のナイトクラブでクラスター 従業員と客の計10人感染確認 新型コロナ

  2. 東京都の感染者が新たに118人 初の3桁 新型コロナ

  3. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

  4. 時の在りか 国家でコロナに勝てるか=伊藤智永

  5. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです